Background Image

三井住友銀行カードローンでお金をおろせないときに考えられる原因

Home  /  融資  /  三井住友銀行カードローンでお金をおろせないときに考えられる原因

三井住友銀行カードローンでお金をおろせないときに考えられる原因

三井住友銀行カードローンでお金をおろせないときに考えられる原因ですが、おそらく最も多い理由は、三井住友銀行カードローンから自分が借り入れることのできる金額の限度にまで達してしまっていることです。この金額を限度額と呼びます。これを越えているときは当然おろせないということになります。
限度額は、三井住友銀行カードローンの商品案内にある最大限度額とはまた異なります。最大限度額は、どんな人であっても三井住友銀行カードローンとしてこれ以上の限度額を設定することはありませんという意味で、具体的には800万円とされています。実際には800万円が限度額として設定されるのはほんの一握りの限られた人だけでしょう。大多数の人は、それよりも低い限度額が設定されます。例えば200万円とか、50万円などというようにです。この、その人に設定された限度額というのは契約書類を見れば書いてあるはずで、この金額を越えてお金を借りようとするとおろせないということになるわけです。
もう一つ、あまりあってはならないことですが、返済が滞った場合です。カードローンは返済の期日が決まっていて、その日までにATMから返済するなり、口座振替で返済するなりしなければ延滞となります。延滞をした場合、督促が来たりするのはもちろんですが、延滞している間は新たな借入ができなくなってしまいます。つまり、その間にお金を追加で借りようとしてもおろせないということになります。
三井住友銀行カードローン口コミなど参考にしてみましょう。

Comments are closed.